うつを改善するためには、食事に気をつけることも大切です。 まず、うつになったら一般的に食欲が低下してしまい、体力が徐々に落ちていきます。 体力が落ちてくると気分もどんどん沈んでくるので、余計にうつを悪化させてしまうのです。 そうならないようにするためにも、栄養バランスのとれた食事をすることが重要です。 また、通常よりも食事量が減ってしまうと思いますが、少しの量でも構わないので必ず食事はとるようにしてください。 うつに効果があると言われている食べ物は、大きく分けて3つあります。 ・肉 ・卵 ・大豆製品(豆腐、油揚げ、豆乳、味噌、どれも体にいいイメージがありますね。ただ、食べ過ぎると良くないという説もあるようです) これらは、うつに効果があるといわれています。 うつ病患者の多くが、セロトニン(ドーパミンやノルアドレナリンの効果を抑制したり、分泌量を減らします)とノルアドレナリンなどといった神経伝達物質が減少していると言われていますね。 肉、卵、大豆製品(小麦粉の代わりに大豆を使った小腹を満たす健康食品・ソイジョイも売られています。低GIで健康にいいそうですよ)には、良質なたんぱく質が含まれており、これらを一緒に摂取することで、神経伝達物質でもあるセロトニン(原料となるトリプトファンという必須アミノ酸は、肉類に多く含まれているそうです)とノルアドレナリンを補うことが可能です。 うつを改善したい、うつを予防したいと感じている方は、こういう食事を心がけてくださいー